「デコポン」と「不知火」

デコポン最近、店頭で「不知火」は無いんですか?との声を聞きますが、分かりやすく言うと、「不知火」と言う品種の柑橘の中で、光センサーによる選別で、糖度13度以上、酸度1度以下の基準をクリアした美味しい不知火だけが「デコポン」として出荷出来るということです。
元々、「デコポン」は、熊本県果実農業協同組合連合会(熊本果実連)の登録商標だったので、産地ごとに色んな名前が付けられていました。例えば、「ヒメポン」(愛媛県)、「キヨポン」(広島県)、「フジポン」(静岡県)、「ラミポリン」(鹿児島県)、「ポンダリン」(徳島県)などとして出回っていたのですが、「デコポン」という名前がインパクトがあって覚えやすいのと、産地ごとに名前が違っては消費者が混乱するので、全国の柑橘関係農協県連合会を通じて出荷された不知火のうち、高品質を保つ一定の基準を満たしたものに関しては、「デコポン」として出荷できる事になったわけです。
ただし、生産者個人での販売や柑橘関係農協県連合会を経由しない販売については、「デコポン」の名称は使用出来ない事になっています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中