タネのお話…

タネについて少しお話ししてみましょうか…
長崎 茂木ビワ

最近、果物に関してよく耳にするのが、
「美味しいけど、タネがあるからめんどくさい…」
「子供が、タネがあると嫌がって食べないのよ…」等々、タネを毛嫌いするような声ばかり…。

近頃では、品種改良の結果や、タネの生育を抑制するような技術の進歩によって、タネの無い果物も多く出回ってますし、果物が主に嗜好品として食べられると言う事を考えると 、タネの無い果物がより好まれるのも理解出来ますが…。

では、果物っていったい何でしょうか?

種の保存、繁栄のために必要な種を鳥や動物達に食べてもらって、より広範囲に拡散してもらうために植物が編み出した手段だとは思いませんか?
色や形や香りや味に至るまで、植物の長年にわたる進化のまさに「果実」です。
タネの回りが一番美味しいと言われるのもそんなことに起因しています。
いかにして、見つけてもらうか、いかにしてタネの部分まで食べてもらうか、まさに植物が身を呈して種の保存、繁栄のために生み出したものだと思いませんか。
ドラゴンフルーツ ゴールドキウィ

ですから、基本的にタネは消化器官では殆ど消化されずに排泄されます。そうでないと、タネ本来の役目を果たすことが出来ませんからね。
それに、タネには新たな生命の息吹となる様々な栄養素やエネルギーの塊であるとも言えます。ですから、植物の種子を人は様々な形で利用している訳です。

果物に関して言えば、人類の歴史の中で、食用となる「実」(果肉部分)をいかに美味しく食べるかに主眼が置かれた改良がなされてきた結果、現在の様々な果物が生まれて来た訳ですよね。

その過程において、枝変わりや、変異で生じたタネの少ないものが選抜されて、栽培され続けられた結果、タネなしの果物が出来あがってきたとも考えられます。
とは言っても、タネがあっても気にならない程度になったり、逆にイチゴのようにタネが食感のアクセントになったりしている場合もありますよね。紅ほっぺ
バナナにだってタネの痕跡はありますし、グレープフルーツかんかでも、収穫後長時間経過したものなんかでは、タネが生育した上に発芽まですると言う事もありますよ。

巨峰などは、今やタネなしが主流となっていますが、生産者の方々は「タネあり巨峰」の方が美味しいと言う事を分かっているんですが、消費者ニーズが「タネなし」だからと言うことでタネなし巨峰を栽培せざるを得ないと言う事も仰ってます。

長々と書きましたが、要は、果物は元来タネを食べてもらうために出来たもので、その中に在るタネに関しては、少しは大目に見てやって欲しいと言う事ですかね。
タネを温かく見つめてあげましょう(^^♪

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中