果物屋の常識は…?

週末から、スーパープラム「貴陽」も登場して、プラムが美味しい季節になってきました。

貴陽

昨日来た、中国の女の子が、「これは、日本で出来たものですか?」って聞いてました。
出身が貴陽なんだそうです。

さて、本題へ…
果物屋の常識としては、プラムは皮のまま食べるもの!って思ってたんですが、
一般peopleにとっては、そうでもないみたいなんですよ、これが^^;

10人に1人ぐらいは、「これって皮のまま食べるんですか?」って聞きます。
当然、皮のままですよ。と答えると、今まで、皮をむいて食べてましたって言うんですね。
皮をむくと、果汁がこぼれたり、一番おいしい所が皮にくっついて行ったりしませんか?って言うと、プラムは皮をむいて食べるもんだと思ってました。って言われたりします。

中央市場でパートで働いてる女性に、「プラムの皮剥く?」って聞いたら、
ここで働くまでは、そうだと思ってました。だって、誰も教えてくれんもん。だそうです^^;

ところで、皆さんは皮のまま派?皮を剥く派?

余談ではございますが、「李下に冠を正さず」の「李」とは、すもも・プラムのことです。
梨下ではありませんので、お間違えの無いように…
最近は、「瓜田に履を納れず(かでんに くつをいれず)」の方はあまり耳にしないような気もしますが…

《参考》
古楽府「君子行」。「君子は未然に防ぎ、嫌疑の間に処らず、瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず」(君子たる者は未然に疑いをうけるようなことは避けなければならない。うり畑でかがんで履物をはき直すと、うりを盗んでいると疑われるし、すももの木の下で冠をかぶり直すと、すももを盗んでいると疑われるので、こうした行動は避けなければいけない)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中