「旬」って何日間?

皆さん何気に「旬」と言う言葉を使うと思うんですが、「旬」って何日間かご存知ですか?

察しのいい方は気付かれたと思うのですが、
「旬」は 10日間を意味します。上旬、中旬、下旬等と言うでしょ…
最近は、○○週間が多くなってきましたが、一昔(いつの頃でしょう…?)前までは、
○○旬間なんてのもありました。たとえて言うなら「交通安全旬間」などです。

食べ物に関して言えば、出盛りの時期を指す言葉なんですが、
生産者にしてみれば、収穫適期が旬にあたるかと思います。

でも、何か同じ物が10日以上店頭に並んでるじゃん?ってこともある訳ですよね。
農産物に関して言えば、ある畑で収穫される物は、7日から10日が収穫適期なんですが、
畝ごとに播種の時期をずらしたり、作型(ハウス、トンネル、露地etc.)を変えたりして、
収穫期をずらしたりもします。

また、日本列島は南北に長いので、南の方から収穫が始まって、徐々に北の方に移っていく作物もあります。

プラム 大石早生プラム レッドビュートプラム 李宝プラム 愛李プラム ソルダム
プラムなんかはその典型で、一つの産地では週替わりで品種が変わっていきます。

でも、いつでもスーパーの店頭には「大石早生」ばっかり…。
などと言う事もあると思いますが、それは、品種を固定して産地を変えていっているために起こる現象です。
逆に、産地を固定すれば品種が週替わりで変わっていきます。

でも、桃の「白鳳」は長く店頭にならでるじゃん?
そういう事もありますよね。
それは、白鳳の中にも、早生系の物から、いわゆる本当の白鳳まで数種類ありますし、
栽培面積がそれぞれの産地で大きいので、園地ごとの収穫適期のばらつきも生じますし、
地理的に南と北に加えて、低地と高地と言う園地の広がりも関係してきます。
一般に、低い所から早く実り、山手の方はどうしても収穫時期が遅くなってきます。
それで、旬の時期が10日以上にもなる事がある訳です。

地理的要因や、農業技術の進歩、流通事情の改善などによって、店頭に並ぶ1品目だけを追いかけていくと、常に旬の物が並んでいるのかもしれません。
でも、細かく見ていけば、やっぱり「旬」は10日程なんですよね。

スイカを例に挙げれば、金沢の密閉ハウス栽培から始まり、トンネル栽培、露地栽培、その後能登の「赤土スイカ」へと移っていきます。
でも、農水省指導の原産地表示でいけば、全て石川県産スイカなんですよね。
一応、都道府県名を表示すればOKな訳ですから…

若い頃に、青果業界の大先生 江澤正平さんから、色々と学ばせて頂きました。
曰く、産地は野菜・果物の氏素性を表すものである!
我々としては、産地に関する様々な情報をもっていないといけない訳ですが、
果たして農水省のガイドラインのように都道府県名だけでよいものでしょうか?

やる気のある青果店へ行けば、県名だけでなく地域や生産者の情報までも教えてくれるはずです。産地の特性や、生産技術、商品の特性や使い道など様々な情報を聞き出す事が出来ると思いますよ。
だから、うちのおススメはこれなんだよ!ってね

ちなみに、原産地表示で「地物」はNGです。石川県産や金沢産と併記して「地物」と書いてもいいそうですが…何ともお役人的発想ですね^^;
もしかして、、石川県の場合「じわもん」って書いたらOKかも?
私は、頼まれても書きませんけどね(笑)

また、農産物には「はしり」、「出盛り」、「末期(つるまくり・畑まくりなどと言ったりなんかしてますが…^^;)」があります。一般的な「旬」の感覚に近いのが「出盛り」ではないかと思います。価格もお手頃で、栄養価も高いですからね。
「末期」の物は、価格は安いかもしれませんが、内容的に問題があったりする事があるのでチョッと注意が必要かもしれません。

蛇足ですが、竹冠に旬と書いて、「」竹の子です。なかなか味のある字だと思いませんか…?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中